東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

定例会議の開催状況

1 日 時

令和4年2月18日(金) 午前10:00~

2 出席者

山口委員長、前田委員、廣瀨委員、伊藤委員、江口委員

警視総監、副総監、総務部長、警務部長、交通部長、警備部長、公安部長、刑事部長、生活安全部長、 組織犯罪対策部長、警察学校長、東京都警察情報通信部長、総務部参事官、 警務部参事官、地域部参事官、聴聞官、捜査第一課長、総務部理事官、訟務課管理官

3 議事の概要

(1)「電磁的公正証書原本不実記録・同供用事件」被疑者の検挙について

 警視庁から、「令和3年7月19日、街宣車の車検を更新する際、実際は神奈川県藤沢市所在の公園予定地を不法に占拠して駐車管理場所としていたにもかかわらず、申請書類に現存しない会社の名義及び虚偽の住所、駐車管理場所を記載の上申請し、車検更新をした事案につき、令和4年2月5日、被疑者らを電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪で通常逮捕した。」旨の報告があった。

(2)「わいせつ電磁的記録等送信頒布事件」被疑者の検挙について

 警視庁から、「氏名不詳者と共謀の上、インターネットの動画販売サイトを利用して、同サイトのサーバコンピュータにあらかじめ記録・保存したわいせつ動画データを、電気通信回線を通じ、同サーバコンピュータにアクセスしたパソコンに送信させる方法により、令和3年11月29日及び同年11月30日、不特定の者に対し、わいせつ動画データを記録・保存させて再生・閲覧可能な状態に設定させ、もって電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録を頒布した事案につき、令和4年2月8日、被疑者をわいせつ電磁的記録等送信頒布罪で通常逮捕した。」旨の報告があった。                    委員から、「今後も警視庁全体として取り組んでいただきたい。」旨の意見があった。

(3)令和3年度第3四半期(10月~12月)における監察実施結果について

警視庁から、令和3年度第3四半期(10月~12月)における監察の実施結果について報告があった。

(4)監察案件について

警視庁から、監察業務について報告があった。

(5)「警視庁行政手続オンライン」システムの現状及び同システムへの申請手続の追加に伴う東京都公安委員会告示の公示について

警視庁から、「令和3年11月から運用が開始された『警視庁行政手続オンライン』サイトの申請対象手続に、新たに7つの手続を追加し、東京都公安委員会告示を公示する。」旨の説明があり、決裁した。

(6)警察官の援助要求について

警視庁から、警察法第60条第1項に基づき、埼玉県公安委員会から東京都公安委員会になされた援助の要求及び活動結果について報告があり、決裁した。

(7)意見の聴取等の主宰結果について

主席聴聞官等から、車両の使用制限命令及び風俗営業等の許可取消し及び営業停止に係る聴聞並びに運転免許の取消し等に係る意見の聴取等について報告があり、決裁した。

(8)犯罪被害者等給付金の裁定について

犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく裁定事案5件について裁定した。

(9)争訟事案について

行政不服申立事案について、審理の上、裁決した。                                                 また、行政訴訟事案及び行政不服申立事案の審理手続について報告があり、決裁した。

(10)公安委員会宛て苦情の処理等について

公安委員会宛て苦情について審理の上、5件について通知内容を決定した。                           また、公安委員会宛て苦情の受理等について報告があった。

  • 警視庁のホームページへ
  • 東京都のホームページへ