東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

定例会議の開催状況

1 日 時

令和4年4月22日(金) 午前10:00~

2 出席者

山口委員長、前田委員、廣瀨委員、伊藤委員、江口委員

警視総監、副総監、総務部長、警務部長、交通部長、警備部長、地域部長、公安部長、
刑事部長、生活安全部長、組織犯罪対策部長、警察学校長、東京都警察情報通信部長、
サイバーセキュリティ対策本部副本部長、聴聞官、交通総務課長、運転免許本部長、
警備第一課長、保安課長、文書課長、生活環境課長、人身安全関連事案対策官、
訟務課管理官

3 議事の概要

(1)令和4年春の叙勲及び危険業務従事者叙勲ついて

警視庁から、令和4年春の叙勲及び危険業務従事者叙勲における当庁関係受賞者等について報告があった。

(2)「警察署と連携した銃砲刀剣類所持等取締法違反(仮領置拒否に伴う提出命令
違反)事件」被疑者の検挙について

警視庁から、銃砲刀剣類所持等取締法違反(仮領置拒否に伴う提出命令違反)被疑者を検挙した旨の報告があった。

(3)「武器取引反対ネットワーク」主催による集団示威運動の対応について

警視庁から、「武器取引反対ネットワーク」による集団示威運動許可申請に対する進路変更処分について説明があり、決裁した。

(4)「公共性を問うデモ実行委員会」主催による集団示威運動の対応について

警視庁から、「公共性を問うデモ実行委員会」による集団示威運動許可申請に対する進路変更処分について説明があり、決裁した。

(5)争訟事案について

行政不服申立事案について、審理の上、裁決した。
また、行政不服申立事案の審理手続について報告があり、決裁した。

(6)意見の聴取等の主宰結果について

主席聴聞官等から、車両の使用制限命令並びに風俗営業等の許可取消し及び営業停止に係る聴聞並びに運転免許の取消し等に係る意見の聴取等について報告があり、決裁した。

(7)運転技能検査の委託に関する公安委員会の認める法人の承認及び同委託に伴う公安委員会告示(案)について

警視庁から、運転技能検査の委託に関する公安委員会の認める法人の承認及び同委託に伴う公安委員会告示について説明があり、決裁した。

(8)風俗営業等に関する審査基準等の改定について

警視庁から、風俗営業等に関する審査基準等の改定について説明があり、決裁した。

(9)国民年金法一部改正に伴う東京都公安委員会が保有する個人情報の保護等に関する
規則等の一部改正(案)について

警視庁から、国民年金法一部改正に伴う東京都公安委員会が保有する個人情報の保護等に関する規則等の一部改正について説明があり、決裁した。

(10)早稲田大学東伏見スポーツホール内における拳銃射撃場の指定について

警視庁から、早稲田大学東伏見スポーツホール内における拳銃射撃場の指定について説明があり、決裁した。

(11)令和3年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢について

警視庁から、令和3年におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢について報告があった。

(12)ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく禁止命令等の実施について

警視庁から、「申出人に対し、一方的に好意の感情を抱き、申出人方に押し掛けた者ほか20名に対して、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づき、警視総監等から禁止命令等を実施した。」旨の報告があった。

(13)ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告の実施について

警視庁から、「元交際者である申出人から以後の交際を拒否されたものの諦めきれず、申出人に対し連続してメールを送信し、面会、交際その他の義務のない事を行うことを要求した者ほか29名に対して、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づき、警視総監等から警告を実施した。」旨の報告があった。

(14)令和4年春の全国交通安全運動の実施結果について

警視庁から、令和4年春の全国交通安全運動の実施結果について報告があった。
委員から、「自転車の運転者は、加害者にも被害者にもなるということをしっかりと広報し、交通事故の減少に努めていただきたい。」旨の意見があった。

(15)公安委員会宛て苦情の処理等について

公安委員会宛て苦情について審理の上、3件について通知内容を決定した。
また、公安委員会宛て苦情の受理等について報告があった。

  • 警視庁のホームページへ
  • 東京都のホームページへ