東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

定例会議の開催状況

1 日 時

令和3年12月10日(金) 午前10:00~

2 出席者

山口委員長、前田委員、廣瀨委員、伊藤委員、江口委員

警視総監、副総監、警務部長、交通部長、警備部長、地域部長、公安部長、刑事部長、生活安全部長、組織犯罪対策部長、警察学校長、東京都警察情報通信部長、総務部参事官、聴聞官、交通総務課長、交通部理事官、訟務課管理官

3 議事の概要

(1)令和4年警視総監特別賞授与式並びに永年勤続職員及び優秀・優良職員表彰式について

警視庁から、「警視総監特別賞授与式並びに永年勤続職員及び優秀・優良職員表彰式を令和4年1月17日に実施する。」旨の報告があった。

(2)「第98回東京箱根間往復大学駅伝競走」に伴う交通対策について

警視庁から、「令和4年1月2日及び3日に開催される『第98回東京箱根間往復大学駅伝競走』の安全かつ円滑な運営に資するとともに、沿道及び周辺における交通の安全と円滑の確保を図るため、交通対策を実施する。」旨の報告があった。

(3)「脅迫事件」被疑者の検挙について

警視庁から、「被疑者は、令和3年6月19日から同年7月14日までの間、『表現の不自由展・東京』の関係者を脅迫しようと企て、携帯電話から、電子メールを送信し、脅迫した事案につき、令和3年12月5日、被疑者を脅迫罪で通常逮捕した。」旨の報告があった。

(4)フードデリバリーサービス運営会社による不法就労助長事件の検挙について

警視庁から、「被疑者らは、共謀の上、令和2年6月3日から同年8月31日までの間、被疑者らの事業活動に関し、外国人に不法就労活動をさせた事案につき、令和3年6月22日、被疑者らを出入国管理及び難民認定法違反で書類送致した。」旨の報告があった。

(5)電動キックボードの実証実験における実施区域の拡大等について

警視庁から、「本年4月から一部区域において特例措置を講じた電動キックボードの実証実験が行われているところ、今後も実施区域の拡大や新規事業者の参入が予定されていることから、電動キックボードの交通ルール・マナーに関する広報啓発等を実施するとともに、電動キックボード等利用者に対する交通指導取締りを適切に推進していく。」旨の報告があった。
委員から、「電動キックボードの公道走行については、不安に思っている人も多いということを認識した上で、引き続き、しっかりと諸対策に取り組んでいただきたい。特に、電動キックボードの交通違反に対しては厳正な取締りを行うとともに、電動キックボードが絡む交通事故の発生状況や電動キックボードの交通ルールに関する広報啓発を強力に推進し、『電動キックボードは、その利用者が交通ルールを守らなければ危険な乗り物になる。』ということを広くアピールしていただきたい。」旨の意見があった。

(6)自転車事故防止対策の取組について

警視庁から、自転車事故防止対策の取組について報告があった。
委員から、「特に、自転車が絡む交通事故で最も多いのは、『出会い頭の事故』であるということが都民に周知されるよう、インパクトのあるアピールをしながら、その事故防止に取り組んでいただきたい。」旨の意見があった。

(7)意見の聴取等の主宰結果について

主席聴聞官等から、車両の使用制限命令、古物営業の許可取消しに係る聴聞及び運転免許の取消し等に係る意見の聴取等について報告があり、決裁した。

(8)争訟事案について

行政不服申立事案について、審理の上、裁決した。
また、行政訴訟事案及び行政不服申立事案の審理手続について報告があり、決裁した。

(9)「東京都公安委員会の権限に属する事務処理に関する規程」の一部改正について

警視庁から、「東京都公安委員会の権限に属する事務処理に関する規程について、同規程を一部改正することとしたい。」旨の説明があり、決裁した。

(10)文書分類基準表(令和4年)の作成について

東京都公安委員会文書分類基準表(令和4年)の作成について承認した。

(11)公安委員会に対する東京都個人情報の保護に関する条例に基づく開示請求について

公安委員会に対してなされた東京都個人情報の保護に関する条例に基づく開示請求について決定した。

(12)公安委員会宛て苦情の処理等について

公安委員会宛て苦情について審理の上、6件について通知内容を決定した。
また、公安委員会宛て苦情の受理等について報告があった。

  • 警視庁のホームページへ
  • 東京都のホームページへ