東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

定例会議の開催状況

1 日 時

令和2年9月18日(金) 午前10:00~

2 出席者

北井委員長、山口委員、前田委員、廣瀨委員 (公安委員会補佐官)

警視総監、副総監、総務部長、警務部長、交通部長、警備部長、地域部長、公安部長、刑事部長、生活安全部長、組織犯罪対策部長、警察学校長、東京都警察情報通信部長、総務部参事官、オリンピック・パラリンピック競技大会総合対策本部副本部長、聴聞官、警備第一課長、災害対策課長、地域総務課長、保安課長、組織犯罪対策第三課長、犯罪被害者支援官、総務部理事官、会計監査官、人身安全関連事案対策官、訟務課管理官

3 議事の概要

(1)地方警務官を対象とした人事評価制度について

警視総監から、「地方警務官を対象とした人事評価制度」に基づく自己申告について報告があった。

(2)「奥多摩山中および秩父山中における連続殺人、死体損壊・遺棄事件」被疑者の検挙について

警視庁から、「平成15年10月4日、青梅警察署管内の山中において、切断された右腕が発見され、捜査の結果、逮捕監禁、殺人、死体損壊・死体遺棄事件と認め、関連する事件を含めた被疑者を逮捕し、さらに、海外逃亡中であった共犯被疑者について捜査を継続していたところ、令和2年9月3日、共犯被疑者を逮捕監禁罪で通常逮捕した。」旨の報告があった。

(3)令和2年全国地域安全運動の実施について

警視庁から、「令和2年10月11日から同月20日までの10日間、「令和2年全国地域安全運動」が実施される。地域安全に資する関係機関・団体、地域住民及び警察が、期間を定め、地域安全運動を更に強化するとともに、その相互の連携を一層緊密にすることにより、地域安全運動の効果を最大限に上げて一層の浸透と定着を図り、首都東京の安全安心の実現を図ることを目的として、「守ろうよ わたしの好きな 街だから」をスローガンに、子供と女性の犯罪被害防止や特殊詐欺の被害防止等の各種対策を実施する。」旨の報告があった。 委員から、「様々なアイディアを出してイベントを行うことは良いことであり、各部にも共通するが、各イベントの実施に際しては、効果的なPRやデジタル化などにも配意し、新たなスタイルを取り入れるなど、創意工夫をしていただきたい。」旨の意見があった。

(4)令和2年1月~8月中における東京都警察情報通信部の活動状況について

東京都警察情報通信部から、令和2年1月から同年8月における機動警察通信隊による初動活動等について報告があった。

(5)住吉会傘下組織幹部に対する再発防止命令について

警視庁から、指定暴力団住吉会傘下組織幹部による、みかじめ料を要求する行為等の暴力的要求行為(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律違反)に係る再発防止命令について説明があり、決裁した。

(6)令和3年春における管理職ポストの設置を伴う組織整備について

警視庁から、令和3年春における管理職ポストの設置を伴う組織整備について報告があった。

(7)警察職員等の援助要求について

警視庁から、警察法第60条第1項に基づき、福井県公安委員会及び福島県公安委員会から東京都公安委員会になされた援助の要求に対する警察職員等の派遣について説明があり、決裁した。

(8)風俗環境保全協議会委員の任期満了に伴う選考、委嘱について

警視庁から、風俗環境保全協議会委員の任期満了に伴う選考、委嘱について説明があり、決裁した。 委員から、「協議会委員の構成や会議の内容も充実してきているので、今後とも、地域の風俗環境をより良くしていくため、協議会の更なる活性化をお願いしたい。」旨の意見があった。

(9)意見の聴取等の主宰結果について

主席聴聞官等から、車両の使用制限命令、風俗営業等の許可取消し及び営業停止に係る聴聞並びに運転免許の取消し等に係る意見の聴取等について報告があり、決裁した。

(10)オリンピック・パラリンピック関係報告について

警視庁から、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた各種対策の概要等について報告があった。

(11)争訟事案について

行政不服申立事案について、審理の上、裁決した。 また、行政訴訟事案及び行政不服申立事案の審理手続について報告があり、決裁した。

(12)犯罪被害者等給付金の裁定について

犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく裁定事案3件について裁定した。

(13)警察職員等の援助要求について

警視庁から、警察法第60条第1項に基づき、熊本県公安委員会から東京都公安委員会になされた援助の要求及び活動結果について報告があり、決裁した。

(14)警察職員等の援助要求について

警視庁から、警察法第60条第1項に基づき、沖縄県公安委員会から東京都公安委員会になされた援助の要求に対する警察職員等の派遣等について説明があり、決裁した。

(15)令和2年度随時監査の実施結果について

警視庁から、令和2年度随時監査の実施結果と今後の指導方針等について報告があった。

(16)警察宛て苦情処理結果について

警視庁から、警察宛て苦情の処理結果及び感謝事例について報告があった。

(17)ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく禁止命令等の実施について

警視庁から、「申出人と交際していたが、以後の交際を拒否されたにもかかわらず、申出人方に押し掛ける等していた者ほか26名に対して、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づき、警視総監等から禁止命令等を実施した。」旨の報告があった。

(18)ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告の実施について

警視庁から、「申出人に対し、一方的に好意の感情を抱き、申出人の携帯電話機にメッセージを送信して、面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求するとともに著しく粗野又は乱暴な言動をしていた者ほか74名に対して、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づき、警視総監等から警告を実施した。」旨の報告があった。

(19)公安委員会宛て苦情の処理等について

公安委員会宛て苦情について審理の上、7件について通知内容を決定した。 また、公安委員会宛て苦情の受理等について報告があった。

  • 警視庁のホームページへ
  • 東京都のホームページへ