東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

定例会議の開催状況

1 日 時

平成30年11月2日(金) 午前10:00~

2 出席者

渡邊委員長、北井委員、山口委員、中村委員、前田委員 (公安委員会補佐官)

警視総監、副総監、総務部長、警務部長、交通部長、警備部長、地域部長、公安部長、刑事部長、生活安全部長、組織犯罪対策部長、警察学校長、東京都警察情報通信部長、警務部参事官、サイバーセキュリティ対策本部副本部長、聴聞官、会計課長、犯罪被害者支援官、総務部理事官、訟務課管理官

3 議事の概要

(1)天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う式典日程等について

警視庁から、天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う式典日程等について報告があった。

(2)平成31年「110番の日」の実施について

警視庁から、「警察官の臨場を必要としない不要・不急な110番を減少させることを目的として、平成31年1月10日に「110番の日」を実施し、適切な110番通報と警察相談ダイヤル「♯9110」の利用促進に向けた広報啓発活動を行い、2つの通報ダイヤルの使い分けを周知して、事件・事故等の緊急を要する事案への迅速かつ的確な対応を図る。」旨の報告があった。

(3)東京2020大会に向けた盛り場総合対策について(新宿歌舞伎町地区)

警視庁から、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた盛り場総合対策に係る新宿歌舞伎町地区の現状、地元住民や商店会等への盛り場に関するアンケートの実施と同アンケート結果を受けての取組状況等について報告があった。

(4)「資格外活動ミャンマー人あっせん事件」被疑者の検挙について

警視庁から、「難民認定制度を悪用し、「特定活動(就労不可)」等の在留資格で在留する者が、許可を受けずに稼働するなどした事案等につき、平成30年10月15日、17日及び19日、被疑者及び被疑法人を出入国管理及び難民認定法違反でそれぞれ検挙した。」旨の報告があった。 委員から、「来日外国人による不法就労等の事案は、今後、増加も懸念されることから、それに対応できる体制の整備等についても検討を進められたい。」旨の意見があった。

(5)警視庁サイバーセキュリティ戦略の改定について

警視庁から、警視庁サイバーセキュリティ戦略の改定について報告があった。

(6)意見の聴取等の主宰結果について

主席聴聞官等から、車両の使用制限命令に係る聴聞及び運転免許の取消し等に係る意見の聴取等について報告があり、決裁した。

(7)平成31年度警視庁予算の要求概要について

警視庁から、平成31年度警視庁予算の要求概要について報告があった。

(8)平成30年度随時監査の実施結果並びに東京都定例監査及び警察庁会計監査の受監結果について

警視庁から、平成30年4月13日から同年7月17日までの間に行われた平成30年度随時監査の実施結果並びに同年4月9日から同年8月6日までの間に行われた東京都定例監査及び同年6月18日から同月20日までの間に行われた警察庁会計監査の受監結果について報告があった。また、同東京都定例監査の結果に基づき講じた措置について説明があり、決裁した。

(9)犯罪被害者等給付金の裁定について

犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく裁定事案1件について裁定した。

(10)争訟事案について

行政不服申立事案について、審理の上、裁決した。 また、行政不服申立事案の審理手続について報告があり、決裁した。

(11)警察宛て苦情処理結果について

警視庁から、警察宛て苦情の処理結果について報告があった。

(12)公安委員会宛て苦情の処理等について

公安委員会宛て苦情について審理の上、9件について通知内容を決定した。 また、公安委員会宛て苦情の受理等について報告があった。

  • 警視庁のホームページへ
  • 東京都のホームページへ