東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

定例会議の開催状況

1 日 時

平成30年10月26日(金) 午前10:00~

2 出席者

渡邊委員長、北井委員、山口委員、中村委員、前田委員 (公安委員会補佐官)

警視総監、副総監、総務部長、警務部長、交通部長、警備部長、地域部長、公安部長、刑事部長、生活安全部長、組織犯罪対策部長、警察学校長、東京都警察情報通信部長、総務部参事官、警務部参事官、聴聞官、広報課長、地域総務課長、保安課長、犯罪被害者支援官、人身安全関連事案対策官、交通部理事官、訟務課管理官

3 議事の概要

(1)平成30年秋の叙勲及び危険業務従事者叙勲について

警視庁から、平成30年秋の叙勲及び危険業務従事者叙勲における当庁関係受章者並びにそれぞれの勲章伝達式について報告があった。

(2)「品川区の土地取引をめぐる偽造有印私文書行使等事件」被疑者の検挙について

警視庁から、「共謀の上、無断で、自分に所有権のない品川区の土地・建物の所有権移転登記をしようと考え、法務局に対して、偽造の委任状等を提出し、売買契約により所有権の移転登記をする旨の虚偽の登記申請を行うなどした事案につき、平成30年10月16日等、被疑者を偽造有印私文書行使罪及び電磁的公正証書原本不実記録未遂罪でそれぞれ検挙した。」旨の報告があった。

(3)「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会マスコット使用に係る著作権法違反(頒布目的所持)事件」被疑者の検挙について

警視庁から、「法定の除外事由がなく、かつ、著作権者の許諾を受けずに、東京2020オリンピックマスコットを複製して作成されたピンバッジを、頒布の目的をもって所持し、著作権を侵害する行為とみなされる行為を行った事案につき、平成30年10月10日、被疑者を著作権法違反で現行犯逮捕した。」旨の報告があった。 委員から、「東京2020大会が近づくにつれ、同種事案の増加が懸念される。引き続き、事件化等により警鐘を鳴らすとともに、オークション主催者に不正商品に対する対応を申し入れていただきたい。」旨の意見があった。

(4)短期滞在の在留資格を悪用した売春クラブの摘発について

警視庁から、「新宿区内に所在するビルに事務所及び待機所を設けている派遣型ファッションヘルスの経営者らが、売春のあっせんをした事案及び「短期滞在」の在留資格で本邦に上陸した外国人が、前記派遣型ファッションヘルスの従業員として稼働した事案につき、平成30年10月9日及び同月10日、被疑者を売春防止法違反、出入国管理及び難民認定法違反でそれぞれ検挙した。」旨の報告があった。

(5)「極東会傘下組織会長らによる職業安定法違反事件」被疑者の検挙について

警視庁から、「共謀の上、法定の除外事由がないのに、工事下請負業者との供給契約に基づき、被疑者の支配下にある労働者を継続して供給し、工事現場において労働に従事させた事案につき、平成30年10月10日、被疑者を職業安定法違反でそれぞれ通常逮捕した。」旨の報告があった。

(6)平成31年警視庁重点目標の基本方針(案)について

警視庁から、平成31年警視庁重点目標における基本方針(案)について報告があった。

(7)監察案件について

警視庁から、監察業務について報告があった。

(8)平成30年9月末懲戒処分状況等について

警視庁から、平成30年9月末懲戒処分状況等について報告があった。

(9)意見の聴取等の主宰結果について

主席聴聞官等から、車両の使用制限命令、風俗営業等の許可取消し及び営業停止に係る聴聞並びに運転免許の取消し等に係る意見の聴取等について報告があり、決裁した。

(10)ポリスミュージアム特別展「Roots~警視庁の夜明け~」の開催について

警視庁から、「平成30年は、明治元年及び東京府開設から150年の節目となることから、警視庁の創設(明治7年)に至る背景や当時の様子・活動等を広く都民に紹介することにより、今後の警視庁の活動に対する理解と協力につなげるため、平成30年10月31日から同年12月2日までの間、ポリスミュージアム(警察博物館)において特別展を実施する。」旨の報告があった。

(11)犯罪被害者等給付金の裁定について

犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく裁定事案2件について裁定した。

(12)警察職員等の援助要求について

警視庁から、警察法第60条第1項に基づき、山形県公安委員会から東京都公安委員会になされた援助の要求に対する警察職員等の派遣について説明があり、決裁した。

(13)風俗環境保全協議会委員の任期満了に伴う選考、委嘱について

警視庁から、風俗環境保全協議会委員の任期満了に伴う選考、委嘱について説明があり、決裁した。

(14)自転車運転者講習受講命令(行政処分)について

警視庁から、「自転車運転者講習の受講命令対象事案4件について、指定された期間内に自転車運転者講習を受ける旨の命令書を交付する。」旨の説明があり、決裁した。

(15)自転車運転者講習制度における危険行為登録状況について

警視庁から、自転車運転者講習制度における危険行為登録状況について報告があった。

(16)ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく禁止命令等の実施について

警視庁から、「申出人に対し、一方的に好意の感情を抱いてつきまとったとして、警告を受けたにもかかわらず、同人方に押し掛けた者ほか4名に対して、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づき、警視総監等から禁止命令等を実施した。」旨の報告があった。

(17)ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告の実施について

警視庁から、「申出人と交際していたが、同人から交際を拒否されたものの諦めきれず、同人方に押し掛けた上、粗野乱暴な言動をした者ほか44名に対して、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づき、警視総監等から警告を実施した。」旨の報告があった。

(18)争訟事案について

行政不服申立事案について、審理の上、裁決した。 また、行政訴訟事案及び行政不服申立事案の審理手続について報告があり、決裁した。

(19)公安委員会宛て苦情の処理等について

公安委員会宛て苦情について審理の上、6件について通知内容を決定した。 また、公安委員会宛て苦情の受理等について報告があった。

  • 警視庁のホームページへ
  • 東京都のホームページへ