東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

定例会議の開催状況

1 日 時

平成30年10月5日(金) 午前10:00~

2 出席者

渡邊委員長、北井委員、山口委員、中村委員、前田委員 (公安委員会補佐官)

警視総監、副総監、総務部長、警務部長、交通部長、警備部長、地域部長、公安部長、刑事部長、生活安全部長、組織犯罪対策部長、警察学校長、東京都警察情報通信部長、警務部参事官、サイバーセキュリティ対策本部副本部長、聴聞官、駐車対策課長、運転免許本部長、公安第三課長、生活安全総務課長、犯罪被害者支援官、総務部理事官、訟務課管理官

3 議事の概要

(1)平成30年弥生慰霊祭の実施について

警視庁から、「平成30年10月11日、弥生慰霊堂等において、殉職した警察・消防職員の慰霊行事として「平成30年弥生慰霊祭」を行う。」旨の報告があった。

(2)「警視庁EXPO」の開催結果について

警視庁から、「平成30年8月4日、渋谷区内において、高校生以上を対象に、「警視庁EXPO」を開催し、業務概要説明や仕事体験、個別相談等を実施した。参加者数は1,460人であり、現住所別では東京都が、年齢別では17歳から22歳が最も多かった。参加者の感想等を、今後の採用業務に活かしていく。」旨の報告があった。 委員から、「今回の採用イベントは、全体的に興味深い内容で、参加者の満足度も高かったものと思われる。引き続き、優秀な職員の採用に取り組んでいただきたい。」旨の意見があった。

(3)第69回警視庁拳銃射撃競技大会の実施について

警視庁から、「平成30年10月15日から同月18日までの4日間、警視庁射撃場において、「第69回警視庁拳銃射撃競技大会」を実施する。」旨の報告があった。

(4)平成30年秋の全国交通安全運動の実施結果について

警視庁から、「平成30年9月21日から同月30日までの10日間、「平成30年秋の全国交通安全運動」を実施した。同期間中の当庁管内における交通事故発生件数は729件(前年同期比116件減)、死者数3人(前年同期比4人減)、負傷者数858人(前年同期比121人減)であった。また、同期間中、交通安全思想の普及・浸透を図るため、各種行事を開催するとともに、同月25日には、通学路における全国一斉取締りを実施した。今後も引き続き、広く都民に交通安全を呼びかけ、交通事故防止の徹底を図る。」旨の報告があった。

(5)「町田市鶴川三丁目高齢者向け住宅内女性殺人事件」の発覚と特別捜査本部の開設について

警視庁から、「町田市内に所在する高齢者向け住宅において、被害者が頭部から出血し、仰向けに倒れている状況で発見された事案につき、平成30年9月21日、特別捜査本部を開設して、捜査を強力に推進中である。」旨の報告があった。

(6)監察案件について

警視庁から、監察業務について報告があった。

(7)住宅宿泊事業法等への対応について

警視庁から、住宅宿泊事業法等に基づく宿泊サービスの特徴や課題のほか、保健所等関係機関と連携した取組について報告があった。

(8)古物営業法の一部改正(6月施行分)に伴う関係規程等の整理について

警視庁から、「平成30年4月25日、古物営業法の一部を改正する法律が公布され、改正法の一部「許可単位の見直し」、「営業制限の見直し」、「簡易取消しの新設」、「欠格事由の追加」が同年10月24日に施行されることから、警視庁行政処分取扱規程等、関係規程等について所要の改正を行いたい。」旨の報告があった。

(9)意見の聴取等の主宰結果について

主席聴聞官等から、車両の使用制限命令、風俗営業等の許可取消し及び営業停止に係る聴聞並びに運転免許の取消し等に係る意見の聴取等について報告があり、決裁した。

(10)東京都公安委員会委員長の選任及び同委員長代理の指名について

警察法第43条の規定に基づき、東京都公安委員会委員長の互選を行い、渡邊佳英委員長が再任された。また、東京都公安委員会運営規則第9条の規定に基づき、渡邊佳英委員長が、北井久美子委員を委員長代理に指名した。

(11)平成30年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢について

警視庁から、平成30年上半期におけるサイバー空間をめぐる脅威の情勢について報告があった。 委員から、「平昌オリンピック冬季競技大会では、大会準備期間中から大会期間中に多数のサイバー攻撃が発生したことが報じられており、東京2020大会においても大会運営に影響を与えるサイバー攻撃の発生が懸念される。施設的にも、技術的にも充実している警視庁として、主導的に対処できるよう努めていただきたい。」旨の意見があった。

(12)行政手続法第36条の3に基づく処分の求めに対する通知について

警視庁から、行政手続法第36条の3に基づく処分の求めに対する通知について説明があり、決裁した。

(13)運転免許に係る行政処分の是正について

警視庁から、運転免許に係る行政処分の是正について説明があり、決裁した。

(14)警察職員等の援助要求について

警視庁から、警察法第60条第1項に基づき、埼玉県公安委員会から東京都公安委員会になされた援助の要求に対する警察職員等の派遣について説明があり、決裁した。

(15)犯罪被害者等給付金の裁定の取消しについて

犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく裁定の取消しについて説明があり、決裁した。

(16)犯罪被害者等給付金の裁定について

犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく裁定事案2件について裁定した。

(17)争訟事案について

行政不服申立事案について、審理の上、裁決した。 また、行政訴訟事案及び行政不服申立事案の審理手続について報告があり、決裁した。

(18)警察宛て苦情処理結果について

警視庁から、警察宛て苦情の処理結果及び感謝事例について報告があった。

(19)公安委員会宛て苦情の処理等について

公安委員会宛て苦情について審理の上、5件について通知内容を決定した。 また、公安委員会宛て苦情の受理等について報告があった。

  • 警視庁のホームページへ
  • 東京都のホームページへ