東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

定例会議の開催状況

1 日 時

平成30年5月25(金) 午前10:00~

2 出席者

渡邊委員長、北井委員、山口委員、中村委員、前田委員 (公安委員会補佐官)

警視総監、副総監、総務部長、警務部長、警備部長、地域部長、公安部長、刑事部長、生活安全部長、組織犯罪対策部長、警察学校長、東京都警察情報通信部長、警務部参事官、交通部参事官、聴聞官、会計課長、人事第二課長、警備第二課長、地域総務課長、公安第二課長、生活安全総務課長、交通部理事官、人身安全関連事案対策官、訟務課管理官

3 議事の概要

(1)平成30年第二回東京都議会定例会の日程と提出予定案件について

警視庁から、「平成30年第二回東京都議会定例会は、平成30年6月12日から同月27日まで16日間の会期で開催される。当庁関係の提出予定案件は、事件案1件である。」旨の報告があった。

(2)ロシア大使館に対する器物損壊及び建造物侵入未遂事件被疑者の検挙について

警視庁から、「港区所在のロシア大使館に抗議する目的で、同大使館の通用門脇に設置されたフェンスを乗り越えて同大使館敷地内に侵入しようとしたが、警察官に阻止されたため、その目的を遂げず、その際、同フェンスを手で折損させ、もって他人の器物を損壊した事案につき、平成30年5月18日、被疑者を通常逮捕した。」旨の報告があった。

(3)一般社団法人東京都警備業協会との特殊詐欺被害防止対策に関する協定締結式及び車両出発式の実施について

警視庁から、「都民が安心して暮らせる地域社会の実現を図るため、一般社団法人東京都警備業協会と協定を締結し、連携して警備業務の現場における特殊詐欺被害未然防止対策を推進する。」旨の報告があった。 委員から、「特殊詐欺被害防止対策で警備業協会との協力体制が強化されることは、良いことである。被害防止の着眼点に関する情報提供や警備業務を通じての声かけの強化等により、被害の更なる未然防止を図っていただきたい。」旨の意見があった。

(4)監察案件について

警視庁から、監察業務について報告があった。

(5)平成29年度第4四半期(1月~3月)における監察実施結果等について

警視庁から、平成29年度第4四半期(1月~3月)における監察実施結果等について報告があった。

(6)街頭防犯カメラシステムデータの活用報告について

警視庁から、「街頭防犯カメラシステムの平成30年1月から3月におけるデータの提供は174件で、活用した事件の内容は、歌舞伎町地区、六本木地区等における「殺人」、「強盗」、「暴行」、「傷害」、「窃盗」、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反」等である。」旨の報告があった。

(7)公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(迷惑防止条例)の一部改正に係る関係規程の改正について

警視庁から、「公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例の一部改正、施行に伴い、適切な運用を図るために、ガイドラインとなる関係規程である「つきまとい行為等の再発を防止するための援助に関する規則」に定める別記様式「援助申出書」を改正する。」旨の説明があり、決裁した。

(8)意見の聴取等の主宰結果について

主席聴聞官等から、車両の使用制限命令及び風俗営業等の営業停止に係る聴聞並びに運転免許の取消し等に係る意見の聴取等について報告があり、決裁した。

(9)ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく禁止命令等の実施について

警視庁から、「申出人に対し、一方的に好意の感情を抱き、同人につきまとったとして警察官から書面警告を受けたものであるが、同警告に従わず、メッセージを送信したり、同人に対し物品を渡すなど、面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求した者ほか4名に対して、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づき、警視総監等から禁止命令等を実施した。」旨の報告があった。

(10)ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づく警告の実施について

警視庁から、「申出人に対し、一方的に好意の感情を抱き、携帯電話機に連続して電話をかけた者ほか44名に対して、ストーカー行為等の規制等に関する法律に基づき、警視総監等から警告を実施した。」旨の報告があった。

(11)警察職員等の援助要求について

警視庁から、警察法第60条第1項に基づき、福島県公安委員会から東京都公安委員会になされた援助の要求に対する警察職員等の派遣について説明があり、決裁した。

(12)平成29年度定期監査の実施結果並びに平成29年東京都定例監査及び行政監査の結果に基づき講じた措置について

警視庁から、平成29年9月5日から平成30年3月9日までの間に行われた平成29年度定期監査の実施結果について報告があった。また、東京都監査事務局により実施された平成29年定例監査及び行政監査の結果に基づき講じた措置について説明があり、決裁した。

(13)「東京都水上安全条例」の施行に伴い改正等を行う規定について

警視庁から、「「東京都水上安全条例」の施行に伴い、「東京都水上安全条例の規定に基づく弁明の機会の付与に関する規則」等を新たに制定するほか、関係規定の改正等を行う。」旨の説明があり、決裁した。

(14)平成29年度警視庁警察職員採用試験実施結果について

警視庁から、「平成29年度の警視庁警察職員採用試験実施結果は、警察官の合格者が2,688名であり、うち男性2,281名、女性407名であった。また、警察行政職員(事務)の合格者は144名であり、うち男性46名、女性98名であった。」旨の報告があった。

(15)自転車運転者講習受講命令(行政処分)について

警視庁から、「自転車運転者講習の受講命令対象事案4件について、指定された期間内に自転車運転者講習を受ける旨の命令書を交付する。」旨の説明があり、決裁した。

(16)自転車運転者講習制度における危険行為登録状況について

警視庁から、自転車運転者講習制度における危険行為登録状況について報告があった。

(17)争訟事案について

行政不服申立事案について、審理の上、裁決した。 また、行政訴訟事案及び行政不服申立事案の審理手続について報告があり、決裁した。

(18)公安委員会宛て苦情の処理等について

公安委員会宛て苦情について審理の上、5件について通知内容を決定した。 また、公安委員会宛て苦情の受理等について報告があった。

  • 警視庁のホームページへ
  • 東京都のホームページへ