東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

定例会議の開催状況

1 日 時

平成30年2月9日(金) 午前10:00~

2 出席者

渡邊委員長、北井委員、山口委員、中村委員、前田委員 (公安委員会補佐官)

警視総監、副総監、総務部長、警務部長、交通部長、警備部長、地域部長、公安部長、刑事部長、生活安全部長、組織犯罪対策部長、警察学校長、東京都警察情報通信部長、警務部参事官、聴聞官、会計課長、犯罪被害者支援官、総務部理事官、訟務課管理官

3 議事の概要

(1)平成30年第一回東京都議会定例会の日程と提出予定案件について

警視庁から、「平成30年第一回東京都議会定例会は、平成30年2月21日から同年3月29日まで37日間の会期で開催される。当庁関係の提出予定案件は、予算案2件、条例案3件、契約案2件である。」旨の報告があった。

(2)平成29年中における被疑者取調べ監督の実施状況等について

警視庁から、「平成29年中における被疑者取調べ監督の実施状況は、取調べ件数約13万件であり、監督対象行為は、深夜等の取調べの事前承認を受けない事案が3件であった。また、監督対象行為の防止に向けて、教養資料や視聴覚教材の作成、巡回教養の強化、監督補助者研修の実施等、各種取組を実施した。」旨の報告があった。

(3)平成29年中の交通違反取締状況について

警視庁から、「平成29年中における動的違反取締件数は83万5,737件(前年比4万3,159件減)で、交通事故発生件数は3万2,763件(前年比351件増)であった。また、駐車違反取締件数は、確認標章の着手件数が200万3,489件(前年比1万2,402件減)で、取付件数が39万3,328件(前年比6,319件減)であった。今後も交通事故発生実態の分析等に基づいた交通取締りを推進していく。」旨の報告があった。 委員から、「自転車による危険行為や、車両に乗車した状態で時間待ち、休憩等をしている非放置の駐車違反が散見される。引き続き指導警告を行うほか、悪質な違反については取締りを強化していただきたい。」旨の意見があった。

(4)渋谷地区における特定遊興飲食店(無許可営業)の摘発について

警視庁から、「共謀の上、東京都公安委員会の許可を受けないで、渋谷区内において、不特定の飲食客に対し、深夜に酒類を提供して音楽や照明の演出等を行いダンス等をさせるなど遊興飲食させた事案につき、平成30年1月28日、被疑者を風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律違反で通常逮捕した。」旨の報告があった。

(5)「「企業内転勤」制度を悪用した虚偽申請、不法就労助長等事件」被疑者の検挙について

警視庁から、「東京都内に本店を置く会社の代表取締役が、営業実態がないにもかかわらず、海外に子会社があり、子会社社員を東京都内の本店へ転勤させることを装い、東京入国管理局に内容虚偽の申請を行って、在留資格「企業内転勤」を不正に取得させ、本邦に不正に入国させた上、別の会社である被疑法人において資格外活動に従事させた事案につき、平成30年1月31日、被疑者を出入国管理及び難民認定法違反で通常逮捕するとともに、同年2月2日、被疑法人を送致した。」旨の報告があった。

(6)平成29年行政監査の結果について

警視庁から、「東京都監査委員により平成29年10月に行われた行政監査において、指摘事項が7件あった。また、監査結果については、平成30年2月21日開会の第一回東京都議会定例会において、監査委員から報告される予定である。」旨の報告があった。 委員から、「業務委託契約等に関して当庁でもガイドラインを作成する予定であるとの報告があったが、その実態を踏まえつつ、事前に東京都との調整を図るなど、整合性の確保にも配慮されたい。」旨の意見があった。

(7)犯罪被害者等給付金の裁定について

犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく裁定事案2件について裁定した。

(8)「国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法律」に係る情報提供について

警視庁から、「国外犯罪被害弔慰金等の支給に関する法律」に係る情報提供について報告があった。

(9)意見の聴取等の主宰結果について

主席聴聞官等から、車両の使用制限命令に係る聴聞及び運転免許の取消し等に係る意見の聴取等について報告があり、決裁した。

(10)平成29年中の苦情取扱状況について

警視庁から、「平成29年中の苦情取扱いについて、処理件数の多いものは、交通指導取締り、職務質問、110番臨場等の順であった。今後も、不適切事案の再発防止と適正執行務の推進等に努める。」旨の報告があった。

(11)警察宛て苦情処理結果について

警視庁から、警察宛て苦情の処理結果について報告があった。

(12)争訟事案について

行政不服申立事案について、審理の上、裁決した。 また、行政訴訟事案及び行政不服申立事案の審理手続について報告があり、決裁した。

(13)公安委員会宛て苦情の処理等について

公安委員会宛て苦情について審理の上、6件について通知内容を決定した。 また、公安委員会宛て苦情の受理等について報告があった。

  • 警視庁のホームページへ
  • 東京都のホームページへ