東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

定例会議の開催状況

1 日 時

平成29年10月13日(金) 午前10:00~

2 出席者

渡邊委員長、北井委員、山口委員、中村委員、前田委員 (公安委員会補佐官)

警視総監、副総監、総務部長、警務部長、交通部長、警備部長、地域部長、公安部長、刑事部長、生活安全部長、組織犯罪対策部長、警察学校長、東京都警察情報通信部長、聴聞官、情報管理課長、捜査第三課長、組織犯罪対策第三課長、犯罪被害者支援官、訟務課管理官


3 議事の概要

(1)平成29年第三回東京都議会定例会の結果について

警視庁から、「平成29年9月20日から同年10月5日までの日程で開催された第三回東京都議会定例会において、当庁の提出議案1件(条例案1件)は原案のとおり成立した。また、代表質問では『介護施設等の送迎車両における駐車許可について』等の質問があり、警視総監が答弁を行った。」旨の報告があった。

(2)「迷惑防止条例違反(並び屋を利用したダフヤ行為)事件」被疑者の検挙について

警視庁から、「常習として、不特定の者に転売する目的で、渋谷区所在のチケット委託販売店等において公演チケット等を買った事案につき、平成29年9月23日、被疑者を公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反等でそれぞれ通常逮捕した。」旨の報告があった。

(3)指定暴力団松葉会の第9回指定について

警視庁から、指定暴力団松葉会の第9回指定に関するスケジュールについて報告があった。

(4)「口座売買グループによるベトナム人コミュニティサイトを悪用した犯罪による収益の移転防止に関する法律違反事件」被疑者の検挙について

警視庁から、「埼玉県所在の駅構内設置の現金自動預払機コーナーにおいて、正当な理由がないのに、代金を支払って、ベトナム人男性名義の普通預金口座の預金通帳及びキャッシュカードを譲り受けるとともに、同キャッシュカードの暗証番号の提供を受けた事案につき、平成29年10月2日、被疑者を犯罪による収益の移転防止に関する法律違反で通常逮捕した。」旨の報告があった。

(5)犯罪被害者等給付金の裁定について

犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく裁定事案1件について裁定した。

(6)争訟事案について

行政不服申立事案について、審理の上、裁決した。
また、行政訴訟事案及び行政不服申立事案の審理手続について報告があり、決裁した。

(7)公安委員会宛て苦情の処理等について

公安委員会宛て苦情について審理の上、2件について通知内容を決定した。
また、公安委員会宛て苦情の受理等について報告があった。

(8)意見の聴取等の主宰結果について

主席聴聞官等から、車両の使用制限命令、風俗営業等の許可取消し及び営業停止に係る聴聞並びに運転免許の取消し等に係る意見の聴取等について報告があり、決裁した。

(9)刑法の一部を改正する法律の施行に伴う関連訓令等の一部改正について

警視庁から、「刑法の一部を改正する法律の施行に伴い、当庁の関連訓令等を一部改正する。」旨の説明があり、決裁した。

(10)指定暴力団住吉会の代表者変更及び同公示について

警視庁から、指定暴力団住吉会の代表者変更及び同公示について説明があり、決裁した。

(11)警察職員等の援助要求について

警視庁から、警察法第60条第1項に基づく、東京都公安委員会から福井県、岡山県、愛知県の各公安委員会に対する援助の要求について説明があり、決裁した。

(12)警視庁情報セキュリティ対策の推進状況について

警視庁から、当庁の情報セキュリティ対策の推進状況について報告があった。
委員から、「引き続き、警察情報システムに対する不正アクセス等には関係所属と連携して対処するとともに、情報セキュリティ向上のための取組を推進されたい。」旨の意見があった。

  • 警視庁のホームページへ
  • 東京都のホームページへ