東京都公安委員会 Tokyo Metropolitan Public Safety Commission

お知らせ

開示請求等の手続き

東京都公安委員会が保有する

  • 公文書に係る開示請求
  • 自己を本人とする保有個人情報に係る開示請求、訂正請求及び利用停止請求

については、警視庁において事務手続きをしているため 警視庁情報公開センター及び島部警察署 で受け付けています。

※開示請求等の手続きに関する詳細は、警視庁ホームページを参照して下さい

警視庁のホームページへ(開示請求等の手続きページ)

苦情申出制度

苦情申出制度とは

東京都公安委員会では、警察法第79条の規定に基づいて、警視庁職員の職務執行についての苦情の申出を受け付けています。

本制度における苦情とは

  • 警察職員が職務執行において違法、不当な行為をしたり、なすべきことをしなかったことにより何らかの不利益を受けたとして個別具体的にその是正を求める不服
  • 警察職員の不適切な執務に対する不平不満

をいいます。明らかに警察の任務とはいえない事項に関する申出や申出者本人と直接関係のない一般論として申し出られた苦情などは、この制度の対象にはなりません。

また、東京都公安委員会は、個別の犯罪捜査について直接指揮できませんので、告訴・告発状の提出は、直接最寄りの警察署にお尋ねください。

苦情申出の方法

苦情の申出をされる方は、下記の項目を記載した文書に署名又は押印をして提出(郵送でも可)してください。様式については特に定めはありません。

  • 1.氏名、住所及び電話番号
  • 2.住所以外の連絡先へ処理結果の通知を希望する場合は、当該連絡先の名称、住所及び電話番号
  • 3.苦情申出の原因となった警察職員の職務執行の日時及び場所並びに当該職務執行に係る警察職員の執務の態様その他の事案の概要
  • 4.苦情申出の原因となった警察職員の職務執行により申出者が受けた具体的な不利益の内容又は当該職務執行に係る警察職員の執務の態様に対する不満の内容

提出(郵送)先

〒100-8929 東京都千代田区霞が関2-1-1 東京都公安委員会

注意事項

FAXやEメールによる申出は、本制度による苦情申出書としては受理できません。

苦情処理の流れ

苦情の受理及び調査の指示

本制度による苦情の申出を受理した東京都公安委員会は、警視庁に対し、事実関係の調査を指示します。

警視庁による調査及び報告

東京都公安委員会から指示等を受けた取扱所属長等は、必要な調査及びその結果を踏まえた措置を行い、その調査結果及び措置について東京都公安委員会に報告します。

報告を受けた東京都公安委員会は、当該調査が不十分であると認められる場合や取扱いが不適切であると認められる場合は、再調査や是正措置などの指示をすることとなります。

処理結果の通知

警視庁から報告を受けた東京都公安委員会は、当該報告を基に審議の上、通知内容を決定し、苦情の申出者に処理結果を文書で通知します。

苦情処理の流れ

このページのトップに戻る